弊社受注実績による人気石材ランキング
  壁面型墓地

  1位 インド産 新若葉石

濃いめのグリーン色が鮮やかな印象で、硬度が高く吸水率もごくわずかです。
紫外線による経年変色もあまり目立たないようです。
墓所の向きによっては文字に白色を入れないと文字が読みづらいようです。
掘られた原石によって石目が違いますので、確認が必要です。
この石の石目が凝縮されると黒みかげ石になります。


  2位 インド産 クンナム石

黒みかげ石を代表する石材で、日本には30年以上前から大量に輸入されています。
直射日光に弱く、紫外線による経年変色が大きいので、墓所の向きによってはメンテナンスに気を使う必要があります。
いわゆる「インド産黒みかげ」は数種類存在しているので、信頼できる石材店に依頼した方が安心。(熟練の目利きが必要)
弊社ではすべて石の名前で区分しており、「インド産黒みかげ石」という販売はいたしておりません。


  3位 インド産 ロイヤル・レッド

鮮やかな赤色が強烈な印象を与える石材です。
耐摩耗性に優れるため(擦り傷がつきにくい)建築用床材として重用されてきました。
この石も原石によって色合いが異なるため、弊社では色合いによって「ロイヤル・レッド」「インペリアル・レッド」「ニューインペリアル・レッド」「ルビー・レッド」
の4種類に分別して提供しております


  4位 中国産 青龍石

壁面型墓所本体に使用されている石材。
白系みかげ石は数多く存在しますが、同じ石材を使用した方が見た目の統一感があります。
弊社では壁面本体を製造した石材加工工場と取引があり、ほぼ同じ石目の物が入手可能です。
名板は彫刻した文字が見にくくなるため、黒系石材を使用する方がほとんどです。


  5位 スエーデン産 ファイングレー石

数ある黒系石材のなかで、最高の品質(硬度、艶)を誇り、経年変色も緩やかです。
いま現在地球上で採掘される黒系石材ではこの石より上質な物はございません。
彫刻した文字も鮮やかに見えます。
高価であることが難点。


  6位 南アフリカ産 インパラブルー石

光線の加減によって石目にブルーの斑点が見える貴重な石材です。
ベースになる色は黒とグレーの中間ぐらいで、汚れが目立ちにくく、墓石清掃も比較的楽です。
ブルーの斑点が原石によって異なるため、製品の個体差が出やすいのが難点。


  7位 中国産 河北山崎石

グレー色で石目も細かく、価格が比較的安価で見た目の印象も良いです。
若干硬度が低いため、経年変化による劣化は多少あります。
このページの先頭へ

 
Copyright (C) 2005 Iwaki Sekizai. All Rights Reserved.